病院のご案内 親しみのある医院として 皆さんのかかりつけ医として
基本理念「患者さん中心の病院づくり」

ごあいさつ

安八町に開業して36年目を迎えることができました。
地域の皆さんが、健やかで心豊かな生活を送れるように、お力添えしたい。かかりつけ医として、いつでも何でも気楽にご相談いただけるホームドクターでありたい。めまぐるしく変わるワクチン情報を、少しでも多くのお母様やお父様にお知らせしたい。
そんな思いを胸に抱きながら、日々、患者さん1人ひとりと向き合っています。

吉田医院 院長 吉田伸子

スタッフ紹介

院長吉田 伸子

●経歴

岐阜大学医学部卒
岐阜大学小児科、岐阜市民病院小児科勤務
1982年、安八町に「吉田医院」を開業

●趣味

音楽鑑賞、歌舞伎鑑賞、読書
副院長吉田 敏郎

●経歴

近畿大学医学部卒
近畿大学医学部大学院卒
近畿大学付属病院外科
市立堺病院(現 堺市立総合医療センター)外科勤務
2007年、吉田医院副院長に就任
看護師
石田多恵子
内藤秀美
青木紀美代
事務
小酒井景子
棚橋真里
松岡美菜子

予防接種について

●水痘ワクチン定期予防接種化

平成26年10月1日から水痘ワクチンが、定期接種になります。2回接種で、無料です。
対象は水痘にかかったことがなく、かつ一度も水痘ワクチンを接種していない満1〜3才未満のお子様です。1回目接種後、6〜12ヶ月の間(3ヶ月からでも可能)に2回目の接種をします。

水痘は感染力の強い病気で、ワクチンの接種により重傷化のリスクは下がり、将来帯状疱疹の発症も少なくなります。

●高齢者の肺炎球菌ワクチンも定期接種化

平成26年10月1日より成人用肺炎球菌ワクチンが定期接種になります。6才以上で今までこのワクチンを接種したことがない方が対象で、平成30年度までの間に1人1回、定期接種の機会が設けられました。公費助成がありますので、保健センターのご案内に従ってください。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重傷化を防ぐためのワクチンです。ただし、すべての肺炎を予防できるわけではありません。インフルエンザをきっかけに抵抗力が弱まり、細菌感染をすることで肺炎にかかることがあります。インフルエンザワクチンでインフルエンザを予防することも、肺炎予防につながります。

●おたふくかぜ・ロタウイルス

今まで通り任意接種で、一部公費助成のものもあります。10月中旬から、インフルエンザワクチンも準備されております。子宮頸がんワクチンは今なお見合わせているところです。

皆さんへ

月に1回、保険証をお見せください。

身体に発疹(ぶつぶつやぼろぼろ)がある、耳の後ろの辺りがはれている、などの症状がある方は、あらかじめ受け付けでお申し出ください。

子どもさんのみずいぼの処置をご希望の方は、処置の準備の都合上、受付であらかじめお申し出ください。

  • 施設について
  • トップに戻る

診療時間

内科・外科・小児科

午前 8:30〜12:00
午後 16:30〜19:00
【休診日】日曜日、祝祭日、木曜日・土曜日の午後

※ただし、急患はその限りではありません。

交通アクセス

地図を拡大する

GoogleMapで見る